<   2005年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

REBECCA by a☆i, Keita 776th day・・・・・・・・・・・・・Con太 ISO 100 F2.8 1/4

c0032784_4405168.jpg
どこで 壊れたの Oh Friends??♪~

Moon♪
あなたは 知ってるの?
Moon♪
あなたは 何もかも
はじめて キスした日の ことも~♪

私の中のRebeccaは、こんなイメージですが、
今日は、Rebeccaという名のBourbonを飲んでみた。

んま~♪

あの後まだ飲んでたんですか???
と思われるかもしれませんが。
はい。一人でぷら~っと、Barへ。
(すごくいいBarです。近くの方お勧めです。
気になる人、連絡ください。)
あ、ちゃんと相談しに行ったんですよ。
Barやりたいの。働かせて☆~。と。
やんわりと断られたものの、
わりと親身になって、
あそこならいいんぢゃないか???
などアドバイスをいただく。
もぉ、バーテンのAさん、素敵過ぎですっ。
つくってくれるカクテルも、そろえているウヰスキーも、いい♪

後日また改めて書きますが、3月から1つ仕事がなくなってしまうので、いい機会、と、Barでの仕事を始めよう、と、めらめらしています。

今のBGMはもちろんRebecca。こじつけ画像は、なんとなくRebeccaってこんな感じ@新宿。

今日は支離滅裂。少々酔っ払いゆえ、失礼。
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-07 05:16

ついに足を踏み入れる by Keita, Keita 775th day

Contax SL300RT* Carl Zeiss Vario-Tessar T* ISO 100 F2.8 1/74

c0032784_364914.jpg
ついに逝ってみたんだね!ままん!

某DPEチェーン店で働くa☆iは
気になって気になってたまらないことがあったらしい。
「我楽多屋さん♪」
何しろ、ここの二代目N田さんが、写真を出しにくるらしいのだ。

最近は、なんとなく話をするようになったらしく、
逝きたくて逝きたくてうずうずしていたみたい。

あのぷらぷらぶら下がっているカメラ君たちが!!!

と、たいそう興奮した様子で。

Minolta君のレンズも結構置いてあったみたいで。

良かったね。かあちゃん。たまたま財布忘れて出かけて逝って。

でも、確実にカメラ好きに傾いてきている気がするんだけどな。(苦笑)
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-06 03:21

夕暮れ時 by a☆i, Keita 774th day

Contax SL300RT* Carl Zeiss Vario-Tessar T* ISO 100 F4.7 1/832

c0032784_2284623.jpg
終わってしまふ・・・・と焦って藤原新也写真展に行ってきた。
?????????????????
うーーーーーん。
良いような気はしてみた。
このデジで、このプリンターで、この紙で云々。。
と言われたところで、どんな私はよくわからない。
ただ、こんな紙にこんなにキレイにプリントできちゃうんだ!へぇ!
くらいには思ってみた。
作品は、部屋割りは、なんとなく良いような気はした。

(こんなこと書いてよいのか?)
隣のスペースのモノクロの写真展も見てみる。
とてもつまらない。
何か独創性がないというか、
自分でも撮りそう?
なんて言っていいのでしょうか?

そこからすると、藤原氏は何かすごい気はした。

写真展を見に行くのも良かったけれど、
この日感動したのは、新宿の夕暮れ。新宿の夜景。

都会のビルの谷間から覗く東京の空が結構好きだったりする。
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-05 23:59

衝動買い by Keita, Keita 773rd day・Minolta SRT101 MC Rokkor-PF 55mm F1.7・F1.7 1/15

c0032784_1535883.jpg
ままん、また何か変なもの飼ってきたの??

買い物に行く・・・・わけでもなく、
なんとなく歩いている時に、
びびびっっっ!!!
と来てしまうことがあるらしい。

今回は何ナノ???
また、鶏グッズ?
・・・・・ぢゃないみたいだね?
なになに?

ガリレオ温度計

なんぢゃそりゃ?

んーーーーっとね。温度がわかるの。

をいをい。

一番下のたまっころが18℃。その次が20℃、22℃、24℃、26℃で、
中身の液体の比重の関係で、その温度に達すると、外の液体の比重より重くなって下に沈むのね。で、温度がわかるのよん。

ほいっ。で、今は、20℃と22℃のあいだってことだね!?そんなにあったかいの?ここ??

ははははは。撮るために、あと、興味本位で、一所懸命手であっためたの。

そうなの、ままん。
ぼく、こういうの見ると、突付きたくなっちゃうんだよね。いいかな??
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-04 23:59

人間失格 by a☆i, Keita 772nd day ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Con太

c0032784_1182145.jpg太宰君を読んでみた。
ほかに特にこれを読んで感動、という作品はない。
何しろ、中学高校の学生時代は中学御受験で苦労したせいか?
途中まで国語なんて大嫌いだった。

今も決してたくさん本を読む人ではないけれど、
たまに何かを読みたくなる。
欝のときに読む本は、夏の砦、堕落論。
今回は、もぉだめ人間♪と思い、中身の予備知識も何もなく、
いつしか古本屋で買っておいた
いつか読もうと思っていた「人間失格」を読んでみた。

太宰君に共感。禿同。

小さなころ、優等生をしていた自分を思う。
いったい何を求めていたのか?
周りの人にいったい何を思われたかったのか?

うそつき

誰も彼も多かれ少なかれ、うそをつく。いったい何を隠したいのだろう?

いつだろう?優等生を捨てて、自由になったのは。

今だってもちろん、小さな嘘をたくさんついているはず。
でも、大きな嘘をつかなくてもすむ人たちと、関わっているように思う。


酒と煙草とドラッグと、賭博と、男と女。
はまって堕ちるのも悪いこととは思わない。

それは、馬鹿正直な奴がはまるものなのかも知れない。
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-03 21:39

ゴジラVS鶏太 by Keita, Keita 771st day

Minolta SRT101 MC MACRO Rokkor-QF 50mm F3.5 (レンズは借り物)

c0032784_21345971.jpg
「んぎゃゃゃゃおおおおぉぉぉぉぉ!!!」
「こけ~~~~~っ!!」

僕絶対負けてます。
かあちゃん、こんな勝ち目のない戦いはやめて☆~。

かあちゃん、ゴジラを見てきたとご機嫌だった。
でも、どうかと思う。
ゴジラを見たのは初めてらしい。

ままん、ど~して?

それはね。「英語でしゃべらないと」で
監督が出てて、
いたく感動したのよん。(a☆i・釈好きである)
”映画って、基本的に生きるのに必要のないこと。
どうせ無駄なことなら、とことん楽しまないと、楽しませないと。”
おぉぉぉ、そーだそーだ。写真も一緒ね~。究極にはなくても生きていける。

そんなわけで見に行ったそうだ。

結果→→→爆笑。

なにが?→→→大槻教授?

みたいな。

今までのゴジラと違って、あまり重たい課題のないゴジラらしい。
ほかと比べられないからわからないし~。って無責任さがかあちゃんらしい。

僕は、ゴジラみたいに大きくなれたら、たぬきに勝てるのかなぁ?
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-02 23:59

日記 by a☆i, Keita 770th day

このblogを始めてから半月が経った。
ネタがないかも、の危機にさらされながらも、自分よくやってきた。毎日良く頑張ってる。そんな自分をほめてあげたい。

(♪胴揚げ中♪)

なぜこんなにむきになってまでして”まいにちまいにち”続けているか、には、意外と理由がある。

中学校・あるいは高校の国語の授業で、ふと読んだ三浦綾子女史のエッセイの影響である。
「日記のない青春への疑問」というもの。
中高の国語など大嫌いで、寝たり漫画読んだり音楽聴いたりしていたけれど、
たまに不意打ちをされて心に残り続ける文章があったりする。
今も手元に、ぼろぼろになったエッセイの載ったわら半紙が残っている。
「三年間、一日も欠かさず日記をつけた人は、将来何かをなす人であり、
十年間日記をつけてきた人は、すでに何かをした人である。」

当時の自分は、偉い人になるの♪の一心で日記をつけ始めた。
これまたしょっちゅう挫折しながらも、最高2年以上続いたこともあった。
その2年以上がふとした1日で壊れてしまった時、しばらく日記をつけなくなったのは言うまでもないこと。

今の自分の中でも、3年で偉い人、という感覚があって今回これを始めてみた。
(これがもし3年続いたら、凄すぎる、自分、ありえねぇぇ。)
改めて文章を読み返してみたら、まず、三浦綾子の言葉ではなく、引用の言葉だったり、
3年ではまだえらくなく、3年で将来何かをなす人だったり、うろ覚えでいかに都合よく解釈していたかを思い知らされた。

なににせよ、何かを継続すること、毎日すること、は、凄いような気がする。
墓場に毎日写真をあげたら、1年で365枚。
それぞれがその日の気分だったり、たくさん撮った中の厳選された思いのこもった1枚だったり、
36枚撮りを10本強とはかなり違う。
普通は、趣味でもないと1年で36枚撮りを10本ひょっとしたら撮らないかもしれない。

写真熱のあるときの自分はいつも何かを撮ろうといつも以上にきょろきょろしながら歩いている。
なんでもないものを被写体としてみているとき、ふとうれしくなる。

そして、1日1コマは、銀塩であれ、デジであれ、写真を撮ろうとも思って実践中の今日この頃である。


これは、今日の1枚。家から駅までいつもと違うルートで歩いてみた。とても新鮮だった。・・・・こん太にて。
c0032784_5233686.jpg

[PR]
by keita-aoi | 2005-02-01 05:45