2005年 02月 03日 ( 1 )

人間失格 by a☆i, Keita 772nd day ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Con太

c0032784_1182145.jpg太宰君を読んでみた。
ほかに特にこれを読んで感動、という作品はない。
何しろ、中学高校の学生時代は中学御受験で苦労したせいか?
途中まで国語なんて大嫌いだった。

今も決してたくさん本を読む人ではないけれど、
たまに何かを読みたくなる。
欝のときに読む本は、夏の砦、堕落論。
今回は、もぉだめ人間♪と思い、中身の予備知識も何もなく、
いつしか古本屋で買っておいた
いつか読もうと思っていた「人間失格」を読んでみた。

太宰君に共感。禿同。

小さなころ、優等生をしていた自分を思う。
いったい何を求めていたのか?
周りの人にいったい何を思われたかったのか?

うそつき

誰も彼も多かれ少なかれ、うそをつく。いったい何を隠したいのだろう?

いつだろう?優等生を捨てて、自由になったのは。

今だってもちろん、小さな嘘をたくさんついているはず。
でも、大きな嘘をつかなくてもすむ人たちと、関わっているように思う。


酒と煙草とドラッグと、賭博と、男と女。
はまって堕ちるのも悪いこととは思わない。

それは、馬鹿正直な奴がはまるものなのかも知れない。
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-03 21:39