2005年 01月 24日 ( 1 )

写真? by a☆i, Keita 762nd day・・・・・・・・・Self Portrait

c0032784_5534145.jpg

どうして写真を撮るの?

写真屋で働き始め
余計に人々の写真に触れるようになり、
ゆったりとした時間に、
ふと心の隙間に突き抜ける疑問。

撮った瞬間を大事にしている?
見ている物を切り取りたい?
写真で何か芸術を表現したい?

「写真を撮るよりもじっくり心に焼き付けたい」
と、写真をまったく撮らない人もいる。

「このトマト、赤と緑のコントラストが
すごくいいから写真撮らせて」
と、被写体の特徴をよくとらえてきれいに写真で表現する人もいる。

子供の運動会が・・・・とか。飲み会風景とか。結婚式とか。たいがいは、日常の記録写真だ。

私は、いつまでも「きゃぁー。これ素敵ー。」という感覚でなんとなく撮っている。
特に、表現したいテーマがあるわけでもなく、そして、記録写真が苦手な、周りからするとまったく役に立たない写真好きである。


何を撮っているの?

この質問も痛い質問。
空がきれいと感動すれば空を撮る。道端にこっそり頑張って咲いている花を撮る。息子の鶏太を撮る。
たまに、気力体力時の運で身近な人を撮る。変な看板を撮る。etc

日本語で聞かれても困るものを英語で聞かれたりするともっと困る。
straight photo というそうだ。
と、一言英語で言ったとしても、言われた方もいったほうもピンと来ないだろう。


答えは見えそうでまだ見えない。

今、写真を撮っていて楽しいのは、もどかしい時間がたくさんあるからかもしれない。
どのカメラで撮ろう?どのレンズで撮ろう?絞りはどうしよう?露出はどうしよう?(←体感)ピントはここにあったかな?
まだ一本撮り終わらない。途中で巻き戻してしまおうか?最後まで何か撮るか?
撮り終わった、現像するか?きちんと巻けているか?現像むらはないか?現像時間は間違えていないか?
水洗を待つ。いつ乾くのだろう?うまく撮れているか?うまくって何が?スキャンしないと。できればプリントもしたい。

無駄なのかもしれないこんな時間がやっぱりなぜか楽しい。

Minolta SRT101 MC Rokkor-PF 55mm F1.7
[PR]
by keita-aoi | 2005-01-24 05:56