蒼穹のファフナー by a☆i, Keita 780th day

楽園・約束・友。
全てを守るために、あなたは闘えますか?


どうしてこう、アニメというのは、闘いばかりなのだろう?

深夜アニメをこよなく愛する私としては、最近ふと考えてしまう疑問である。
アニメに限らず、なにかの物語には、たいがい争いごと、闘いがある。
アンパンマンだって、日々戦っている。
このアニメは、得体の知れない生命体が、島に暮らす現在生き残っている人類に対して侵略してくるメカものである。
(見た目に弱い私としては、かっこいい8等身メカものは見るだけでわくわくする。)
そして、人類も、メカで対抗する。人類側のメカにもなぜか敵の生命体の一部が使われていたりして、
メカを操縦する人間は(なぜか子供のケースが多い)、操縦するたびに肉体的に精神的に蝕まれていく。
(この辺エヴァ系)
子供たちの経験する闘いへの好奇心、恐怖心、友達との悲しい別れ、
仲間内での優越感、劣等感、壊れていく心、身体。
戦闘の場でなくても、日常生活での恋愛騒動。三角関係、片想い、報われない恋。
争いが絶えない。

大人になってアニメを好んでみるなど、あやしいものだ、そんな大人になっちゃいけない、
と思って遠ざけていたここ数年。
確かにあやしい面、アブナイこだわりはたくさんあるけれど、悪いことはないだろう、
元来アニメ好きの自分を偽るべきではない、素直になろう。
と思い、アニメを解放してみたものの、今はさすがに・・・・見すぎかもしれない。
映画にも逝ってしまった。

やはり、闘いだ。
自分の生活も、心の中や人間関係など、争いと戦いに満ちているのだろうか?


次回、空っぽの時間
朋<ともだち>友

Zorki-1 Industar-22 50mm F3.5

c0032784_3542054.jpg
[PR]
by keita-aoi | 2005-02-11 05:02
<< 朋<ともだち>友 by Kei... 偽成人式ならぬ偽卒業式 by ... >>