Happy Birthday and Merry Christmas by a★i, Keita from heaven -1st day

毎年クリスマスがやってくるが、
残念ながら、毎年彼を思い出しているわけでもなかった
ここ数年であった。

クリスマスと言えば、奴が、生を受けた日である。
「ぴよぴよ言ってますよ!」
と言われた日であった。

そしてクリスマスは、
大概、奴らを食らうのである。
なんとも皮肉な。
でも、奴の命日は七夕である。
(あ、食らってはいない!)

自分の誕生日は、マリーアントワネットが
ギロチンにかかった日である。
「パンがなければ、ケーキを食べればいいぢゃない。」

クリスマス?ケーキを食べる日である。

最近よくトピックになる
小津安二郎の命日は誕生日である。
生誕110年。没後50年。

爆睡してしまった秋刀魚の味であるが、
娘が嫁にいく、父の気持ち。

はぁ。私は何も言わずに、
いきなり嫁いで(嫁いだのか!?)
いきなり解散してみたが、
父の気持ちは、いったいどんな感じなのだろうか?

と、とりとめのないことを考える
今年のクリスマス。

今年は、あれこれ波乱あり、
今はほっと一息。
何となく、色々な事に対して
優しい気持ちになれるクリスマスである。

c0032784_445112.jpg

通勤時、この子を見ると、とても癒される。
光の辺り具合などで、もっと神々しく見えたりする。

Merry Christmas and Happy Birthday 鶏太★
[PR]
by keita-aoi | 2013-12-24 23:59
<< ただいまーっ♪ by Keit... Camera of the d... >>